患者図書サービスとは?

患者図書サービス入院中の患者さんは、日常生活から切り離され、病気などの治療を最優先とする生活を強いられます。このような時に、身近に図書を自由に手に取れる環境があれば、少しでも入院生活に潤いと安らぎを提供できないでしょうか。

「患者図書サービス」は、健康時に書店や図書館で不自由なく本が選べ読めたように、入院中でも本による教養・娯楽書による楽しみを届けることで、患者さんの精神的支援を行う活動です。

また最近は、インフォームド・コンセントやセカンド・オピニオンなどと関連し、自身の病気についての正確な医学・医療情報を求める気運が高まっており、「健康・医療情報」の提供も「患者図書サービス」の大きな目的の一つになっています。

会員各位へのお知らせ(1)

2021年2月の役員Web会議での検討の結果、コロナの影響を考慮し、2021年度は休会し、下記の通りの運営とします。

・2021年度から当分の間会費の徴収は行わない。
・会報の発行および講演会活動は休止とする。
・ホームページについては継続する。
・今後の連絡方法として会員のメールアドレスを把握する。

なお、役員会は休会中も会議を開き、当会の今後のあり方に関する課題等について検討し、結果は本ホームページを通じて会員にお知らせします。会員からのご意見をお願いすることもあります。
追記
現在 会員の4割のメールアドレスが不明です。アドレス未通知の会員は本会事務局(hokutosha@nifty.com)へお知らせ下さい。
●北海道の田島様、葉書のメールアドレスがerrorとなります。再通知願います。

会員各位へのお知らせ(2)

2021年3月発行の会報No.86に掲載された令和2年度決算報告は会報印刷・発送費が未確定な2021年3月25日時点の概算値を報告しているので,2021年10月22日に監査された会計報告確定版で該当ページを差し替えました。ご了承願います。