患者図書サービスとは?

患者図書サービス入院中の患者さんは、日常生活から切り離され、病気などの治療を最優先とする生活を強いられます。このような時に、身近に図書を自由に手に取れる環境があれば、少しでも入院生活に潤いと安らぎを提供できないでしょうか。

「患者図書サービス」は、健康時に書店や図書館で不自由なく本が選べ読めたように、入院中でも本による教養・娯楽書による楽しみを届けることで、患者さんの精神的支援を行う活動です。

また最近は、インフォームド・コンセントやセカンド・オピニオンなどと関連し、自身の病気についての正確な医学・医療情報を求める気運が高まっており、「健康・医療情報」の提供も「患者図書サービス」の大きな目的の一つになっています。

お知らせ

当会は,講演会を年2回,例年2月と6月に開催しております。会員以外の方も,興味のある方はお気軽にご参加ください。

●会報著者のみなさまへ
会報PDFの公開を現在準備中です。著者の皆さまは公開についてご意見、ご要望がございましたら、11月20日までに info@kanjatosho.jp にお知らせください。

●過去の講演会の概要はここをクリック

【JMLA日本医学図書館協会から研修会のお知らせ】
第2回医療・健康情報サービス研修会フォローアップ研修(第1報)

主催:日本医学図書館協会
日程:2019年2月26日(火)10時~17時(予定)
会場:大阪市立図書館
参加対象:(1)第1~3回医療・健康情報サービス研修会参加者及びJMLA・JPLA会員。
   (2)定員に余裕がある場合は,上記に該当しない方の参加も可能とします。
参加定員:30名
参加費:(1)の方:500円 (2)の方:1,000円
研修概要:この研修は,講演とグループワークという構成です。
講演では,在宅緩和ケアに携わりピアサポーターとともにがんサロンを運営されている看護師の方に,地域で患者を支える活動についてお話しいただきます。
グループワークでは,これまでの研修会で習得した医療・健康情報サービスに関する基本事項を再確認いたします。
2つのプログラムを通して,医療・健康情報サービスに関するスキルアップを目指します。
※定員を超えた場合は,過去の医療・健康情報サービス研修会参加者,関西方面在勤者を優先させていただきます。
※プログラム・申込方法は追ってお知らせいたします。
---------------------------------------------------------

【JMLA日本医学図書館協会からのお知らせ】
日本医学図書館協会 出版委員会より, JMLA出版物の正誤表につきましてご案内いたします。
先日発行した以下書籍につきまして、訂正がございましたのでこの度、正誤表を日本医学図書館協会サイトに掲載いたしました。

◆書籍情報
やってみよう図書館での医療・健康情報サービス 第3版
(2017年2月17日発行、ISBN 978-4-931222-23-6)

◆正誤表掲載URL
http://plaza.umin.ac.jp/~jmla/pub/index.html

既にご購入済みの方は、恐縮ですが、お手持ちの本に訂正箇所を 書き込んでお使いいただきますよう、お願いいたします。

ご不明の点がございましたら、日本医学図書館協会中央事務局までメールでご連絡ください。
 jmlajimu■sirius.ocn.ne.jp (■を@に修正してください)